害虫・害獣を素早く退治~アシナガバチ駆除や鳩駆除で自らの住処も向上します~

2人の作業員

野生は生活に害を与える

作業員

アライグマといえば動物園などでも飼育されており、とても愛らしい生き物です。しかし、野生で暮らすアライグマは害獣と呼ばれており、住まいや生活に影響を及ぼすため駆除してもらう必要があるので注意しましょう。

View Detail

被害が増えている

作業員

対策にかかる費用について

鳩は羽を備え飛ぶ生物ですので、危険の多い陸地よりは、高所に営巣場所を選びます。普段の足場としても同じことで、ベランダに入り込むこともあり、同時に糞の被害も頻発しています。このような場合は、専門の業者に依頼をするなど、ベランダの対策が必要となります。ベランダの侵入を防ぐ対策として、防鳥ネットが設置されます。面積でネットの長さが増減しますので、広ければその分の費用も高くなる傾向になるのです。しかし、防鳥ネットでしっかりと対策を取れば、再来防止につながるので、このような先のことを見据えた対策も重要です。

ベランダと鳩の歴史とは

鳩と人間の歴史は、非常に長いことでも知られています。ドバトは伝書鳩などでも知られ、紀元前から飼育されてきたのです。特にドバトは、森林などの自然の中ではほとんど見られず、建築物など人間に依存する形で棲み付く性質があります。上述のように、伝書鳩や平和の象徴として、人間からも愛される存在ですが、現実としては数の増加によって、糞などの被害が起きているのです。また、時代とともに建築物の高層化と構造が複雑になり、鳩にとっては棲みやすい環境となっていることも影響しています。主な営巣場所としては、ベランダにある室外機の裏やダクトなどの見えない部分、壁の隙間、屋根の下などです。そのため、高所での駆除対策が必要となっているのです。現代における鳩は、建築物の発達など人間の生活の向上に合わせ、自らの住処も向上させて現在に至っています。

アシナガバチの存在

鳩以外にも生活に危険を及ぼす生物としてハチが存在し、その中でもアシナガバチはとても危険なハチの一種になります。ミツバチの場合、刺されても少し腫れ上がるだけで身体に及ぼす害はそこまでありません。しかし、アシナガバチの場合は一度刺されただけでも場合によっては死に至ることもあるので近づかないことが大切です。しかし、アシナガバチが住宅に巣を作っていた場合、窓を開けることも安心して外出することも出来なくなってしまいます。その場合、アシナガバチ駆除を行なっている業者に相談し、アシナガバチ駆除を行なってもらうと良いでしょう。アシナガバチ駆除の業者は巣も撤去してくれるので、安心した生活を取り戻すことが可能です。

嫌な害虫とその対策

一軒家

シロアリの駆除方法には何種類かあり、薬剤を散布して死滅させる方法や、薬剤入りのえさを食べさせる方法などがあります。日常の対策としては、基礎部分に日陰を作らない、しっかりと換気をする、換気口の風通しをよくすることが大切です。

View Detail

身近に潜んでいる

男性

ねずみ駆除に必要なものは駕籠だけとなります。それを用意するための費用は差ほどかからないということがわかります。餌を置くというようなちょっとした工夫をすることで捕獲しやすくなることと害虫に悩まされていたことから解放されます。

View Detail